2016/12/03

11/19&11/26 2017春渡航第一回&第二回ミーティング


















2017春渡航に向けたミーティングが始動しました。
新メンバーもしっかり入り良い雰囲気が生まれていました。
初回では概要、予定、心得等を共有しました。
自己紹介の後に他己紹介を新たに加えたことでメンバーのことをよりしれました。
第二回ミーティングではベトナムについて各自が調べてきて発表しました。
新メンバーはベトナムの教育に関すること、調べたことがある人はベトナムに関することを調べました。
例えば、戦争、観光地、民族、学生についてです。
渡航に向けていい滑り出しができたと思います。

2016/10/27

【9/5~9/16】渡航報告 〜ワークショップ〜










  







video

今回のワークショップはたんぽぽ保育園と絵画教室で行いました。
前回まではやっていなかった三歳児のクラスではボールを使ったワークショップを行いました。
4歳児5歳児とはまた違った発達段階の子のワークショップということで興味深かったです。
そして4歳児では紙袋のパクパク人形、風船あそびを5歳児のクラスでは牛乳パックのカズーとぱっちんカエルを作りました。
絵画教室ではうちわでちぎり絵をして、そのうちわで以前やった紙吹雪をして遊びました。
今回は人数も少なく大変なこともありましたがワークショップ自体には慣れてきたので、今回の反省を次回の渡航で活かしたいと思います。

2016/10/18

【渡航前】〜ワークショップに向けて〜


渡航前のミーティングは主にワークショップの模擬を中心に行いました。
今回男子は5歳児を担当したのですがなかなか題材が決まらずに苦戦しました。
自分は初めは静電気を使って遊ぼうと思ったのですがいざやってみるとうまくいかずに断念しました。
林さんは棒でペットボトルを転がすあそびを考えていたのですが、イベントの子どもとそれで遊んでみたところ「つまらない!」と一刀両断されました。
そこから色々考えた中で牛乳パックを使ったWSをすることにたどり着きました。
牛乳パックは色々な工作をすることができる素材です。
こま、お化け、カエル、変声器、輪投げ、ボール、船、フリスビー、飛行機、、、
数ある題材の中から何を選んだかは渡航報告の際にご確認ください^^
また、絵画教室や大学生交流などについても話しました。
今回は新メンバーが残念ながら少なかったことがミーティングの段取りに表れていました。
渡航が近づくと多少の不安はありましたが、自分は三度目なので今までの反省をいかした渡航にしたいと思いました。
---------------------------------------------------------------------------------------------
7月31日この日はモノ・コト市という保育園で行なわれるイベントに参加させていただきました。
ここで私たちはブースで折り紙とワークショップでやろうと思っていたパクパク人形をしました。
また、寄付品の方も集めさせていただきました。
イベントは盛況で特に木のおもちゃはやはり子どもたちにとても人気がありました。

























こうして夏渡航に向けてSaopopoは歩を進めていきました。
次回からは渡航報告をしたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。

2016/07/07

【ブログ更新】7/2 第6回ミーティング イベントについて全体共有する 


こんにちは! 山形です。

いよいよ7月になりまして、夏の陽気になってきましたね!

今回のミーティングでは、主に渡航中に行う予定の大学生交流について、
みんなに状況を報告しました。


じゃん!いつもきれいにユッキーが板書してくれてます♡
とってもきれいな字だし、見やすいですよね!ありがとう!


大学生交流とは、いつも通訳などでお世話になっているダナン外国語大学の学生とsaopopoメンバーが
     ①さらに仲良くなる
     ②お互いの文化や考え方について知る
     ③saopopoの活動に共鳴してくれる現地学生を見つける
ことを目的としている交流会のことです。


大学生交流は今回初の試みなので、しっかりと計画をたてています!
担当のけんけんが頑張ってくれているせいか、良い交流会になるのではないかと、とっても期待大です★☆


交流の中でフリートークやアンケートをやりたいと考えているので、その中身についてアイデア出しをしました!

本番ではどうなったのか、これは渡航報告ブログをチェックせずにはいられませんね!ww


   最後に今日の銘言をどうぞ!

by新メンバー れーか**

大型新人の登場に既存メンバー一同、動揺しています!笑
とってもフレンドリーで恋愛マスターなれーかはミーティングでも積極的に頑張ってくれています!!





2016/07/03

【6月25日】2016夏渡航第5回ミーティング

こんにちは!
日本もベトナムの暑さを思い出させる暑さになってきました!

夏渡航に向けて、個人目標と全体目標、WSの担当年齢を決めました。

目標を決める理由は、「自分たちの活動一つ一つに意味づけをするため」、「活動後に反省をして次の活動につなげるため」の大きく2つです。これから、目標を軸にWS内容を決めていきます。

たんぽぽ保育園でのWSの担当は、5歳が男子2人、4歳が女子3人となりました。
このグループでWS内容を練っていきます。メンバーが頭を悩ます最大のミッションです。子どもたちの笑顔あふれるWSにしたいですね!

【6月18日】2016夏渡航第4回ミーティング

こんにちは!投稿が遅くなり申し訳ありません>_<
渡航が2ヶ月後になってきました!かめやまです。

前回のミーティングに引き続き、今回もおもちゃコンサルタントの方2名、保育士の先生1名からレクチャーを受けまいした。

軽くレクチャーをしていただいた方々の紹介をします。
<荻須洋子さん>
おもちゃコンサルタントで、難病の子どもたちのボランティアスタッフなど、おもちゃ・子どもの発達のエキスパートです。現地でも子どもたち、保育園の先生方に愛されています。

<横尾泉さん>
自宅で外国から輸入した面白いおもちゃを販売されています。いつも渡航前には学生向けにレクチャーをしてくださり、初めて見る楽しいおもちゃを紹介してくださいます。

<三部さん>
初めてお会いしました!保育園の先生をしていらっしゃいます。ムーブメント教育を推進しています。

まずは、荻須さんのレクチャーです。
主に、5歳までの乳児・幼児がどのようなことができるか教えていただきました。子どもたちの発達は早く、心と体の発達とともにあそびにも変化が見られます。もちろん個人差がありますが、年齢に合わせたWSを考える上で大変参考になりました!


次に、横尾さんのレクチャーです。
アナログゲームで遊びながら、ゲームの中だからこそ身につくことについて教えていただきました。ここで印象に残ったのは“ゲームの世界ではなんでもあり”。テレビゲームなどではすでにプログラムされたゲームのルールが決まってしまっていますが、アナログゲームではルールを自分たちでつくることができます。
外国のカードゲームです!一人一人戦略がちがっておもしろかったです!

最後は、三部さんのレクチャーです。
“ムーブメント教育”について教えていただきました。“ムーブメント教育”とは、子どもたちの「動く」特性を生かして「からだ、あたま、こころ」を総合的に高めていこうとする運動の教育のことをいいます。そして、目標は健康と幸福です。これも実際に体験していただきました!ポイントは”ハピネスを供給” ”否定はしない!”
パラバルーンを使っていろいろな動きを楽しみました!



2016/06/14

【6月11日】第3回ミーティング おもちゃコンサルタントからのレクチャー①

こんにちは!

今回のミーティングでは、いつもsaopopoがお世話になっている
おもちゃコンサルタント男性陣お二人からレクチャーを受けました。

以下に軽くお二人の紹介をしたいと思います!
・多田純也さん 
舞台実演家・表現インストラクターをされながら全国を飛び回っておられます。
          ⇒ http://homepage3.nifty.com/tadajun/

・友近剛さん    
ポストカードトイ(はがきサイズの紙から作る手作りおもちゃをメインに各種イベントで活躍されています。前代表とともにsaopopo創設時から携わってくださっている古参メン バー1人といっても過言ではありません!
          ⇒ http://www.toy-spice.jp

まずは友近さんから!吹きごまとストロートンボの2点を作りながら、手作りおもちゃのおもしろさやメリット・苦労した点などのお話をしてくださいました。

【吹きゴマ】ふ〜!


手作りおもちゃの長所は
①作る過程での面白さ②自由に作り直せる③自分専用のものになる
なるほど確かにみんな夢中になって、こまにアレンジを加えていましたね!^^

「自分のおもちゃを自分が一番楽しんで、それを子ども達に伝染させるつもりで!」by友近さん
続いては、ただじゅんさん!
あそびについて説明をしてくださったあと、Let's表現遊び^^
講演会を多数こなされていらっしゃるだけあって、メンバーは
すぐに引き込まれていっているようでした。

あそびは内側からどきどきワクワクが「好き」になって
それが芸術(Play)=人生を豊かにするものにつながる というお話が印象的でした。



手遊びで導入〜意外と難しい!kk
緊張がほぐれていきました。 
筆者が一番、心に残った言葉
「子育は日常であり、ボランティアは一過性のイベントではない。」
これは私たちは肝に銘じなければならない、と思いました。

最後に、映像でお楽しみください♥︎と言いたい所ですが、
うまくいかなかったので写真で!

うわー!!なんだなんだ?!

うちわでカラフルな花紙をあおいでいます!
とってもきれい!

次回は女性おもちゃコンサルタントからのレクチャーの模様をお届けします。