2017/02/20

【2017春渡航日記】5日目




国番号84番、ベトナム社会主義共和国滞在は早くも5日目を迎えました。体はもう完全にベトナムの環境に適応し、日本での電車の乗り方、円の使い方、自宅への帰り方全て忘れてしまいました。本日の午前は、ワークショップで使うおもちゃの材料をコン市場で調達。値段交渉もすっかり慣れました。


昼食を済ませた後、各チーム、ワークショップの準備に取り掛かります。ワークショップ本番も近づき、いよいよどのチームも作業大詰め。単純作業の連続に疲れを感じながらも、黙々と手を動かし続けます。

みじん切りする高良健吾
笑顔で美味しい料理振る舞います

夕方は、ダナン外国語大学の学生たちと交流パーティーにむけ、かき氷と“お好み焼き”の準備。ダナンで日本料理屋「EenaKitchen」を営むこちらの夫婦。仲良く愛情たっぷりのお好み焼きをふるまってくれました。



料理の準備もでき、交流パーティースタート。飾り付けられたホテルのエントランスで、楽しくビールをの見ながら美味しいお好み焼きを堪能。よしお君の優しさが詰まったお土産もおいしかったです。

よしお君の後ろに跨るおが

その後一行はドラゴン橋へ。土日の21時からドラゴンが火を吹きます。人がうじゃうじゃと集まり、橋の上は通行が止め。ハート形の目をしたドラゴンの噴く炎がとってもダイナミックでした。毎週こんなお祭り騒ぎができるなんて、ダナンの人々が羨ましい。



ドラゴンの炎を見届けた後、そこから徒歩でホテルへ。夜道を照らすハートだらけのライトアップがとってもロマンティック。恋人と二人で訪れたら、思わず歯が浮くようなセリフを並べてしまいそうなほど幻想的な空間でした。






2017/02/19

【2017春渡航日記】4日目


世界の車窓から。本日は、ベトナム中部の都市、フエからダナンへと向かいます。フエ駅は、フランス植民地時代に南北をつなぐ路線の駅として建築されました。そのデザインは、フランス建築の影響を受け、ベトナムで最も美しい駅の一つと言われています。



駅のホームには、たくさんの売店が並んでいます。事前に軽食やカードゲームを買っていなくても、ここで用意することができます。自分の乗る車両を目指し、とぼとぼと歩き続けます。



たくさんの欧米からの旅人も見かけることができました。皆それぞれ、ベトナム旅を楽しんでいるのでしょう。バックパックを背負い、寝台列車に乗り込みます。いつものつまらない日常から離れ、五感すべてを刺激するような素晴らしい体験を求め逍遥し続けます。




電車内ではトランプで大盛り上がり。大富豪であり続けることのプレッシャーに耐えつつも、その優越感を存分に味わいました。日本の列車では味わえない、独特のリズムを紡ぐ車両の揺れは、少しばかり体のリズムをずらすアクセントとなってしまいました。




車両から見える風景は絶景そのもの。人生全てがどうでもよくなるほどの車窓でした。どこまでも続くような空と、濃い緑の山々、そして淡い水面を見ていたら、心が落ち着き、頭の中は空っぽに。


そして一行はダナン駅に到着。駅の前には機関車が。夜の新橋駅のように、酔っ払ったサラリーマンがテレビの街頭インタビューを受けている様子は見ることができませんでした。


2017/02/18

【2017春渡航日記】3日目


渡航3日目、僕の敬愛するバイクレーサー“ヴァレンティーノ・ロッシ”、そして暫し僕に似ていると話題の俳優“オダギリジョー”の誕生日、2月16日を迎えました。朝7時半に車に乗り込み、「百の寺がある」と言われるフエへ出発。メンバー全員爆睡でした。



フエの小学校、「Trường tiểu học thị trấn 1」に到着。メンバーは二つのグループに別かれて、いくつかのクラスを巡りました。まず初めに、教室の中で折り紙。紙風船や鶴、紙ヒコーキを子供達と一緒に作りました。息を吹き込み、紙風船を膨らます瞬間、みんな楽しそう!そして鶴を折るのが僕よりも上手でした。



そして次に、学校の広々とした校庭でけん玉やお手玉、コマなどで遊びました。子供達みんな興味津々。メンバー皆、たくさんの子供達に囲まれてウキウキ。子供達にサインを求められたりもしました。反省点もありますが、とっても楽しい訪問となりました。



続いて訪れたのは、孤児院「Duc Son Orphanage」。様々な理由で親を失った子供達が養護されています。子供達の暮らす環境や、その施設の理念について深く感じることができました。メンバーそれぞれ、様々な感想を抱いたようです。


その後、フエ外国語大学で日本語を学んでいる現地の学生たちと交流しました。みんなとても日本語が上手。学生同士隠し事なく、それぞれの国の文化や大学生活、さらには恋愛観についてまでも話しました。今後もこのような交流を続けて、Saopopoの輪をさらに広げていきたいです。



みんなで世界遺産のフエ王宮を歩いて回りました。ただただ広くて、足は疲れてしまいましたが、フエ外国語大学の学生たちとたくさん話しができて時間が経つのはあっという間。意味もなく背の順で並んでみたりもしました。


夜はフエのナイトクラブへ。音楽に身を任せ踊り狂ってみたり、欧米からの観光客とトランプで遊んでみたり。みんなそれぞれ自分のスタイルで楽しんだようです。僕はいつの間にかメルトダウンしてしまいました。。。。






2017/02/17

【2017春渡航日記】2日目


春渡航二日目、グレゴリオ暦では年始から46日目となる2月15日。甘くて温かいコーヒーとともに、爽やかな朝を迎えました。外は学校や仕事へ向かう人々と、朝早くから道端に轟く重低音ベトナムミュージックで活気あふれています。


午前中は、渡航3日目に訪れる小学校で行うワークショップについての話し合い。折り紙やしっぽ取り、消しピンなど、小学生時代が懐かしくなるような遊びが次々と提案されました。自分の消しゴムを指で弾いて、相手の消しゴムを机の上から落とす「消しピン」、思春期真っ只中の中学生時代、茨城県立古河第二中学校で“机上の魔術師”と呼ばれ、無敵を誇ったこの僕ですが、フウンさんにあっさり負けてしまいました。まだまだ鍛錬が足りません。


午後の初めはビーチでホッと一息chill out。足に触れる小さな波が心地よいです。平日の昼間ということもあってか、人はほとんどおらず貸切のような状態。手作りおもちゃの材料として使う貝殻を拾い集めながら、穏やかなひと時を過ごしました。



その後メンバー全員でコン市場へ。所狭しと食料品や日用品が並んでいて、ローカルな生活を感じました。パンツのディスカウント交渉に挑戦、おばさんとのバトルの末、まとめ買いで50000ドンの値下げに成功。アメ横で鍛えた交渉力がベトナムでも通用することの証明ですね。



夜はホテルでchill out。エナちゃんオセロが本当に強い。本気で勝負しましたが、結果は引き分け。オセロなのに、白黒はっきりつけることができませんでした。





2017/02/15

【2017春渡航日記】1日目

いよいよ初日を迎えた2017年春渡航。13時に成田空港北ウィング4階に集合となっていましたが、僕はとめどなく湧いてくる興奮を抑えることができず、10:30には既に空港に到着していました。

今回の渡航では、たくさんのお土産をダナンへ持ってきたのですが、その量があまりにも多く、カウンターでの荷物預けに相当なエネルギーを費やしてしまいました。職員の皆さん大変お世話になりました。

初めて利用することとなったベトナム航空。機内では、ビールを一缶飲み干し、体温は上昇、半袖にならなければ耐えられないほど。ダナンに着く前からジメジメと暑い環境に体を慣らすことができました。また、これからダナンでのバカンスに向かう人々に観せるのに適した内容の映画とは言えないような、機内で流れていた陰鬱とした雰囲気の映画が印象的でした。そして、機内食のジャガイモたっぷりビーフシチューは今までに食べた機内食の中でも特に美味しかった。ベトナム航空を利用する際は“ウェスタン”を選ぶことをオススメします。


ダナン現地に到着、初めてベトナムに来たメンバーはそのバイクの交通量に吃驚。空港からホテルへ向かう道はライトアップされ、まるでレインボーロードのよう。どのお店も人々で賑わい、孤独を感じることのない街だと感じました。


ホテルに到着、荷物を置いて向かったのは「TOKYO BBQ TOWN」。大きな店舗で、テーブルが屋外にあり開放的な空間が広がっていました。道路を過ぎ行く現地の人々を眺めながらのBBQ。疲れた体にピリ辛のソースと歯ごたえ抜群のお肉がしみました。そこで知り合った、現在ダナンに在住している僕の父親と同じくらいの歳の方と意気投合、面白い人生の話を聞きながらお酒を爆飲みしました。この夜のことは一生忘れません。



2017/02/13

【2017春渡航】2/11 MTG

いよいよ渡航まであと3日。11日に行われたMTGでは、活動内容を改めて確認、そしてメンバーそれぞれの意気込みを発表しました。

バレンタインがやってくるとともに、花粉が空気を旅するようになり、非常に苦く精神的にも身体的にも辛い日本のこの季節。そんな時期にしばらくの間ベトナムを逍遥できると思うと、ただひたすら教科書の音読だけをするつまらない高校の日本史の授業を終えた後の昼休みのような開放感を感じます。

色々な体験をして、思い残すことのない、見たもの聞いたもの触れたもの全てが一生の思い出となるような素敵な渡航にしたいと思います。




2017/02/06

【2017春渡航】2/4 MTG

学生メンバーは無事期末試験を乗り越え、いよいよ春休みへ突入。キャンパスは閑散とし、入学シーズンへ向けた準備が着々と進められています。時が過ぎるのは早いもので、春渡航まで残すところわずか10日となりました。

2/4に行われたMTGでは、それぞれのチームが行うワークショップについての内容共有を行いました。どのワークショップもそれぞれのこだわりが感じられるものばかり。学生メンバーだけでなく、子供達の思い出になるような、素敵なワークショップになることを願います。